Yahoo!ニュース参照

急拡大を遂げてきたソーシャルゲーム業界が、曲がり角にさしかかっている。2013年度の国内市場は12年度見込み比で10%増にとどまり、成長ペースに急ブレーキがかかる見通しだ。携帯電話ユーザーにゲームが浸透するにつれて需要の拡大余地は狭まり、廃止したアイテム商法「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」に代わる収益源の不在も響く。頼みの綱となる海外事業もディー・エヌ・エー(DeNA)、グリーの大手2社がともに黒字化が遅れるなど、先行きの不透明さが増している。
.[ミクシィも迷走中]SNS再編の火種 業績低迷、ユーザー停滞…消えない噂


 ◆後手後手の感が否めない対応
.

 「ご心配とご迷惑をおかけし、大変申し訳ない。経営陣、社員一同、同じ間違いを犯さないように一層努力したい」
.

 グリーの田中良和社長は12日、12年10〜12月期連結決算の発表会見で陳謝した。同社は1月上旬、未成年者に対して設定していた課金の上限額を上回る請求をしていたと公表。当初、対象者は延べ733人で超過分の請求額は2811万円としていたが、その後、対象者は5544人、請求額は4937万円に拡大した。
.

 健全性をめぐる対応は後手後手の感が否めない。12年には、ゲームで獲得したアイテムを競売サイトなどで現金化する「リアル・マネー・トレード」やコンプガチャが問題化し、各社はコンプガチャの自主廃止を余儀なくされた経緯がある。厳しさを増す業界への視線はボディーブローのように業績にも響く。
.

 国内市場の成長鈍化は著しい。矢野経済研究所によると、13年度は12年度見込み比10%増の4256億円と拡大を維持する見通しだが、10年度の約3.8倍、11年度の約2倍、12年度見込みの37%増と、年を追うごとに伸び率は縮小している。
.

 グリーの10〜12月期連結決算は売上高が前年同期比5%減の394億円、本業のもうけを示す営業利益が37%減の142億円と減収減益だった。新作の投入が遅れており、13年6月期の連結最終損益も前期比23〜35%減の310億〜370億円と、従来予想の460億〜520億円から大きく下方修正した。


ものすごい勢いで伸びていたこの業界にもとうとう陰りが…
コンプガチャの廃止に伴うが業績の悪化を業界では『ガチャショック』なんていうらしいですよ。
これらの逆風もあるとは思いますが、一時ユーザーであった身から言わせて頂くとそろそろ飽きがきているのかなと…

このまま減益していくのか、それとも新しいアイディアで増益していくのか注目していきたいと思います。

文責:山下