ニューヨークでポール・スミスの升が人気だそうです。


以下、yahooニュースより抜粋


岐阜産の升、NYが注目 ポール・スミスが販売、人気


英国発祥の高級服飾ブランド「ポール・スミス」の米国ニューヨークの店で、岐阜県大垣市の地場産品「升(ます)」が注目されている。日本ではおなじみの計量器だが、かの地では置物や小物入れの「おしゃれ雑貨」として人気だという。国内需要が頭打ち傾向だけに、メーカーも思わぬ需要に驚いている。

 大垣市には升メーカーが5社ある。東濃地方や長野県木曽地方などのヒノキを材料に、昔ながらのほぞ組みで年間約250万個を生産、全国シェアは8割になる。計量カップに押されてはいるが、1升(1・8リットル)や1合(180cc)の升は台所でおなじみだ。

 5社のうち「大橋量器」が昨年、「ニューヨーク国際ギフトフェア」に出展。ポール・スミスから、赤、黄、緑などシャープなデザインで塗った8勺(しゃく、0・8合)升40個と、直方体のひょろ長いとっくりと杯の8セットを受注した。



写真には三角形の升やカラフルな升など、いくつかの升がが写っていましたが、いかにもポール・スミスなマルチストライプ柄は写っていませんでした。
あのストライプに反応するのはブランド大好き日本人だけなんですかね〜〜〜。。。


文責:葛城