お料理上手な人が趣味が高じて美味しいランチを出すお店を
はじめようと思った場合、お店の内装を整えてメニューを決めて・・・
と夢は膨らむ一方だと思いますが、
実はいろいろな許認可を取る必要があります。

飲食店の場合、まず保健所で営業許可をとらないといけません。
この営業許可をとる場合には、お店を図面等を持ってあらかじめ保健所に相談に行きます。
そして、流しの位置やキッチンの配置などについて認めてもらいます。

また、実際に書類を整えて営業許可を取る際には、
食品衛生管理者が誰であるかと証明書と共に申請します。

つまりお店の従業員のだれかが食品衛生管理者でなければいけません。
営業許可を取ったあとには、消防署に防火関係の届出をしなければいけません。
また、夜12時を過ぎて営業する場合はまた別の営業届けが必要です。

このように、何かの商売を始める場合、それに伴って許認可をとらないと
事業できないものがいろいろあります。
たとえば、アンティックショップなどは古物商の認可が必要です。
自分がやろうと思っている商売には許認可が必要かどうかをまず調べてみましょう。

文責:原沢由美