日本政策金融公庫からの「新創業融資」制度で融資を受ける際は
自己資金の要件は以下のようになっています。

事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は
創業資金の3分の1以上の自己資金が確認できること

この場合の自己資金は、事業に使用される予定のない資金は含みません。

親や兄弟から借りたお金はそれが無利子であっても返済の義務があるものであれば
自己資金とはなりません。

なお、「新界開業資金」や「女性・若者・シニア起業家資金」などの開業融資については
自己資金による制限はありませんが、これらの場合は担保や保証人が必要となってきます。

文責:原沢由美