最近は留学生をアルバイトで雇う会社も多いと思いますが、
外国人の雇用と同様にこちらも気をつけることがあります。

留学の在留資格では、日本でアルバイト等の就労をすることは認められません。
しかしながら「資格外活動許可書」を受けている場合にはアルバイトなどの報酬を得ることも
許可されています。
その場合には、一週間に28時間以内(大学生の場合)など、学生の区分によって
就労時間が制限されています。
夏休みなどの長期休暇中は一日に8時間以内となっています。

留学生が許可なくアルバイトをした場合には、いわゆる不法就労となります。
また会社がそのことを知りながらアルバイトを継続させていた場合には
会社側も不法就労助長罪となります。

なお、外国人も原則として労災・雇用保険、健康保険、厚生年金保険の
被保険者の対象となります。

文責:原沢由美