先日読んでいた記事にこうこういうものがありました。

「相続で一番もめるのは遺産が2000万円程度」だそうです。
うちは今住んでいる家ぐらいしかない、預金が少しだから・・・
相続税が関係するのは一部のお金持ちの話や隠し子でもいる場合でしょう、
と普通は思うものです。

しかし、実際にはトラブルになるケースは遺産2000万円から3000万円程度が
一番多いのだそうです。

法定相続分は妻が二分の一、残りは子供で分けると決まっていますが
親の介護や跡取りなどの数字で換算できない検討事項があり、
また現在のそれぞれの経済状況なども考慮したりすると
この数字通りにいかないのが現実です。

また、仮に法定相続分での分割を行うとしても、
土地や家はケーキのように切り分けるわけにはいきません。

相続で一見もめそうな資産家であれば、分ける前の資産も多いので
配分が比較的簡単だったり、あらかじめどのように分けるかといったことも
決められていたりするものです。

親がよかれと思って残した多少の相続財産をめぐって
兄弟断絶というのは実はよく聞く話なのです。

かといって、生きているうちからどうするこうするといってもね・・・
というのも心情です。

何か他の税金の話が出たときなどに少しずつ考えておくことによって
その後のトラブルを防ぐことができたりします。

確定申告のこの時期は、税理士に相談するよい機会ですので
何か不安なことがございましたらぜひご連絡ください。


文責:原沢由美