国民健康保険料はお住まいの市町村によって金額が異なります。
同じ所得なのに、道をひとつはさんだ隣の町の方が安いんだって?
というのはよく聞く話ですが、それを平準化しようという流れがあるようです。

【日本経済新聞より】

政府は3日、市町村が運営する国民健康保険の財政を安定させるため、
すべての医療費を都道府県単位で共同負担する仕組みを盛り込んだ
国民健康保険法の改正案を閣議決定した。
それぞれの国保が加入者数や医療費の支払い実績に応じて資金を出し合う。
同じ都道府県内でも市町村によって格差がある1人当たり保険料を平準化するのが狙い。

文責:原沢由美