今回は減給の制裁についてです。

 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、
1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総
額の10分の1を超えてはならないと労基法第91条で定められています。
 
 ポイントは「平均賃金」の1日分の半額を超えという所です。よく支払賃金の半
額と勘違いする経営者がいますので注意が必要です。

文責:富公平