年内にいろいろな不具合を直しておこうと修繕をされる会社もあると思いますが、
税法上、修繕費として認められるものはきまりがあります。

【以下、国税庁のHPより】

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、その固定資産の維持管理や原状回復のために
要したと認められる部分の金額は、修繕費として支出した時に損金算入が認められます。

  ただし、その修理、改良等が固定資産の使用可能期間を延長させ、又は価値を増加させるものである場合は、
その延長及び増加させる部分に対応する金額は、修繕費とはならず、資本的支出となります。
  修繕費になるかどうかの判定は修繕費、改良費などの名目によって判断するのではなく、
その実質によって判定します。
  例えば、次のような支出は原則として修繕費にはならず資本的支出となります。

(1)  建物の避難階段の取付けなど、物理的に付け加えた部分の金額
(2)  用途変更のための模様替えなど、改造や改装に直接要した金額
(3)  機械の部分品を特に品質や性能の高いものに取り替えた場合で、
    その取替えの金額のうち通常の取替えの金額を超える部分の金額

  ただし、一つの修理や改良などの金額が20万円未満の場合又は
おおむね3年以内の期間を周期として行われる修理、改良などである場合は、
その支出した金額を修繕費とすることができます。

文責:原沢由美