冬のボーナスシーズンの時期になりました。
新聞によると支給額は増えているようですが、中小企業ではボーナスの支給できる会社は
あまりないのが現状です。

なお、ボーナスを支給した企業は、ボーナスにかかる社会保険料を納めなければいけません。
そのため、支給した日から5日以内に「賞与支払届」を社会保険事務所に提出します。

【以下、日経新聞より】
日本経済新聞社が18日まとめた2011年冬のボーナス最終集計(5日現在)によると、
1人当たりの税込み支給額(加重平均)は73万9360円と10年冬に比べ3.07%増えた。
増加は2年連続。前期(11年3月期など)に業績が改善した製造業がけん引した。
ただ08年の金融危機前の9割弱の水準で個人消費を刺激する力は弱い。
円高や欧州債務危機による足元の業績悪化が来夏ボーナスに響く可能性もある。

 619社を対象に集計した。
増加率が3%を超えるのは6年ぶりだが支給額は3年連続で70万円台にとどまった。
11月4日時点の中間集計で増加率は7.24%だった。
増加率が縮小したのは上期(4〜9月期)の業績を支給額に加味した企業の回答が増えたため。
冬の支給額に東日本大震災が影響したと回答した企業は30.7%だった。

文責:原沢由美