減価償却資産とは、たとえばパソコンなどを買った場合に費用の計上を数年にわたって繰り延べるものですが、
取得した年度に一括して費用に計上することができるものもあります。

所得価額が10万円に満たないものや、使用できる期間が一年に満たないものなどは
「少額減価償却資産」といい、取得した年度の損金にすることができます。

この場合の10万円ですが、たとえばセットで使用するものなどは
1組あるいは一揃いで10万円未満となっています。

そのため、パソコン本体が10万円未満であっても、購入したときにメモリーの増設や
キーボードなどを一緒に購入し、それらの合計が10万円を超えた場合はこれにあたりません。

なお、資本金が一億円以下の中小企業については30万円未満にものについても
「少額減価償却資産」として取り扱うことができます。
(年間300万円まで)

文責:原沢由美