会社勤めの方は、「平成24年分 給与所得者の扶養控除(異動)申告書」という用紙が渡され
記入を求められている時期だと思います。

この扶養控除申告書は用紙の右上に「扶」の文字が丸で囲まれて印字されているため
通常「まるふ」と呼ばれます。

この申告書に記載される扶養家族の人数に基づいて、24年分1月からの給与から差し引く
所得税の金額を計算します。
そして、ここに書かれている内容は平成23年12月31日時点の内容でもあるため年末調整の時の扶養人数の参考とします。

ここにかかれてある「控除対象配偶者」とは、記入者本人が扶養している配偶者を記入します。
いわゆる専業主婦の方と呼ばれる方ですが、その方がパートやアルバイトをしていた場合でも
その1年間の収入の見込み額が103万円以下であれば、ここに配偶者の名前を記入することができます。

この場合の103万円とは、そのパートアルバイトなどをされている配偶者の方の
その年1月1日から12月31日の1年間に支給を受けると見込まれる給与の総額をさします。
そこから給与所得の必要経費とみなされる65万円を差し引いたものが
「所得」と呼ばれるもので、「扶養控除申告書(まるふ)」に記入するものは平成24年1年間の見込「所得」となります。

つまり、所得税の金額の計算上、「収入」と「所得」は違うものを指します。
収入から必要経費等を差し引いたものが所得となりますので、記入されるときにはご注意ください。

文責:原沢由美