相続がは突然やってくることが多いため、相続税の申告となってから
なにに相続税がかかるの?という質問を受けることがよくあります。

亡くなった人の財産を引き継いだ時は相続税がかかりますが、
例外として非課税のものがいくつかあります。

その代表例は、墓地、霊廟、祭具、仏壇などです。

しかしながら、墓地や仏壇などを生前に購入しそれを引き継いだ場合は非課税ですが
亡くなった後に残された家族などが引き継いだ預金などから購入した場合は
その費用は相続財産から差し引くことはできません。

またそれらの非課税とされる資産も、たとえば純金の仏壇など社会通念上、
極端に高価なものは課税されますのでご注意ください。

文責:原沢