消費税の改正2
【仕入税額控除制度の改正】

今回の税制改正で、「仕入税額控除制度」についても一部改正がありました。

いままでは課税売上割合が95%以上の場合に課税仕入れに係る消費税額の全額の
控除が認められていました。
それが、改正により、その課税期間の課税売上高が5億円以下の事業者に限定されることと
なりました。

つまり、課税売上高が5億円を超える事業者は、仕入税額控除の計算上、個別対応方式か
一括比例配分方式で仕入控除税額を計算しなければならないことになります。

この改正は、平成24年4月1日以降に開始する課税期間から適用されます。
つまり、3月決算法人は平成24年度から、個人事業者は平成25年分からの適用と
なります。

会計ソフトをお使いの方は、販管費以降の科目については、共通仕入となるので、
消費税コードの変更を忘れないようにされたほうがいいかと思います。

文責:中山亜希子