自動車の取得に伴う諸費用のうち、自動車取得税・検査登録費用・車庫証明費用は、いずれも自動車の取得に関連して支出するものですから、本来はその取得価額に算入すべきものですが、これらの費用は事後的なもので、その性格も流通税的なものや第三者への対抗要件を備えるためのものと考えられていることから、これらの費用を自動車の取得価額に算入するかどうかの判断は貴社の経理処理に委ねられています。
つまり、自動車の取得価額に含めてもよいし、あるいは一時の費用として損金経理も認められています。
また、自動車重量税・自動車税・自賠責保険料については、自動車を取得することにより支出する事後的費用と考えられますので、自動車の取得価額に含める必要はありません。
一方、カーテレビ・カーナビについては自動車購入の際に取り付け、かつ、自動車に常時搭載する機器ですので、自動車の取得価額に含めて車両及び運搬具の耐用年数を適用することになります。
なお、下取りされた車両は、帳簿価格あるいは時価と下取価額との間の差額が発生した場合、その差額は新しく購入した自動車の値引きを受けたものとして取り扱うことになります。

文責:橋谷厚勇