「所得税は扶養なっているけど、住民税がかかってしまった。」
と言う話を聞くことがあります。

扶養控除が出来る年収と世間?で言われているのは年収103万円。
これは103万円-65万円(給与所得控除額)=38万円

給与所得 38万円-基礎控除額38万円=0円(0円なので、所得税はかからない。)

しかし、住民税の計算では、

給与所得 38万円-住民税の基礎控除額33万円=2万円
と所得が出てしまいます。

住民税額としては、均等割4,000円(県1,000円+市3,000円)+所得割
 2,000円(20,000円×10%)=6,000円ぐらいになります。
(実際には「調整控除」なるものがあるのでこれよりは少なくなります。)

住民税もかからないようにするには、
65万円(給与所得控除額)+33万円(住民税の基礎控除額)=98万円を超えないように
したほうがいいかと思います。

文責:中山亜希子