出向契約により出向の対象となった労働者は、出向元と出向先の両方との間に二重の労働関係が成立すものと解されます。
そうすると、就業規則はどちらのものが適用されるのでしょうか?

 この点に関しても、出向契約が労働法令に定められていないため、明確な規定はないのですが、
おおむね次のように考えられています。

労働時間・休憩・休日・時間外労働・休日労働・有給休暇など → 出向先

解雇・賃金等 → 出向元

 労働の提供先が出向先ですので、労働時間や休憩等の就労管理や服務規程は出向先の就業規則が適用されます。
 一方、解雇など労働者の身分に関する規定や賃金に関する規定は出向元の就業規則が適用になると考えられます。

文責:中山亜希子