出向とは、労働者が出向元との間に雇用契約に基づく従業員としての身分を保有しながら、第3者の指揮監督の下に労務を提供する形態を言います。
出向については、特に定めた法律はなく、関連会社間において、人事交流や業務提携などの目的で幅広く行われています。
 出向について明確な定めがない以上、その法的な性格を定義付けすることは困難ですが、出向元との間の雇用関係を維持しながら出向先で労働を提供するわけですから、労働者は出向元と出向先の両方で二重の労働関係が成立する事となります。

 労働基準法をはじめとする労働法令に明確な規定がない「出向」ですが、関連会社等がある企業を中心に広く行われています。
 労働者を出向させる場合、その対象労働者の個別同意があれば当然出向命令は有効となりますが、一般的には個別同意は不要とされ、就業規則に出向条項が設けられており、労働者の利益に配慮した内容になっていれば、使用者は出向を業務命令として命ずることができると考えられています。
 
 就業規則において労働者に出向を命ずるためには、「業務上必要がある場合には、出向を命ずることがある。」「社員は正当な理由がある場合を除き、出向命令を拒むことが出来ない。」など、出向が労働契約の内容と認められるように、義務付けの形式で定められていることが必要です。

また、出向元と出向先とでは労働条件が異なる場合も考えられるので、補てん元や補てん方法、出向期間中の福利厚生などの取扱いも定めておくといいでしょう。

文責:中山亜希子