【遺族の方に支給される公的年金等】
1 厚生年金や国民年金などの遺族年金
 厚生年金や国民年金などの被保険者であった人が亡くなったときは、遺族の方に対して遺族年金が支給されます。また、恩給を受けていた人が亡くなった場合には、遺族の方に対して恩給が支給されます。
 次の法律に基づいて遺族の方に支給される年金や恩給は、所得税も相続税も課税されません。
 国民年金法、厚生年金保険法、恩給法、旧船員保険法、国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、旧農林漁業団体職員共済組合法

2 確定給付企業年金法などに基づく遺族年金
 遺族の方に支給される以下の年金などは、相続税の課税の対象になりますが、毎年受け取る年金には所得税が課税されません。

(1) 確定給付企業年金法第3条第1項に規定する確定給付企業年金に係る規約に基づいて支給される年金
(2) 所得税法施行令第73条第1項に規定する特定退職金共済団体が行う退職金共済に関する制度に基づいて支給される年金
(3) 法人税法附則第20条第3項に規定する適格退職年金契約に基づいて支給を受ける退職年金
【国税庁HPより】

遺族年金等は所得税は課税されませんので、例えば、遺族年金の支給を受けている母親などと
同居している場合は、母親等をその方の扶養親族とすることが出来ます。

しかし、社会保険の被扶養者は遺族年金等も収入とされてしまうので、気をつける必要が
あります。

文責:中山亜希子