医院広告は医院の理念・院長先生の方針・予算・地域性・診療科目などを考慮し、費用対効果が最大になる方法を目指すことになります。 
開業直後は地域住民の方から医院認知度が低い場合が多く、来院いただけないことがあります。この点を改善するために医院広告を行うことになります。
 
1)医院開業のすべてにおいて最大効果の広告は患者さんの口コミ広告と言えのかもしれませんが、 まず患者さんに来院頂けませんとこの最大効果広告である患者さんの口コミ広告の効果はありませ ん。逆に口コミは悪い話もよく広がりますので、来院していただいた患者さんへの満足度が、この 口コミ広告の効果に影響します。
2)電柱広告
 法的に認められた公道上に唯一掲出できる広告媒体
 他の広告媒体よりも比較的コストの安い
 患者さんへ医院の道案内役として活かせる
 院長自身が広告代理店と一緒に車で現地確認するとポイントが分かりやすい
3)交通広告
 通勤・通学など移動時に利用する電車・バスの車内に掲出される広告
 駅広告は地域住民の方への反復広告として利用価値が高い
 ※デメリットとしては広告掲載料金が高額になります。
4)屋外広告
 野立広告は車で来院する患者さんへの効果が期待出来る
 医院への案内看板にも応用することが可能
 立地・コスト・契約条件など幅が大きいので比較検討が必要
5)折込広告
 開院前に新聞各社・エリア・曜日を勘案し戦略的に実行したい広告
 患者さんへ直接配布する媒体のため、即効性がある
 ※配布すると終わってしまう一過性の広告ですので効果の持続性に欠けます。 
6)地元のマスメディア
 地元広報誌・コミュニティ紙など地元密着型の広告媒体
 ※医院戦略として地元密着を掲げるのであれば検討する価値はあります。
7)内覧会
 開院日直前に折込広告と合わせて行うイベント
 目的は地域の患者さんに医院を認知していただくこと、 院長自身が地域の患者さんに直接面会いただくことです
 患者さんが初めて来院するイベントですのでスタッフ対応なども 大切になります。 
7) ホームページ、WEB広告
 医院広告で絶対に外せない広告媒体(クリニックのホームページ)

開業にあたっては上記の中でも特に内覧会、折り込みチラシとポスティング、ホームページが重要になってくると思われます。

※医療法によって広告可能な事項に制限が設けられています。
 基本原則
 1. 提供する医療の内容が他の病院、診療所又は助産所と比較して優良である旨を広告してはな
 らないこと。
 2. 提供する医療の内容に関して誇大な広告を行なってはならないこと。