開業スタイルが決まったら立地の選定をするわけですが、開業立地の選定は事業の成否のカギを握るもっとも重要な要素のひとつです。
選定にあったっては、先生の出身地や居住地、競合、勤務先、病診連携、将来の発展性、商業集積地などの要素を加味して情報収集していきます。
不動産業者に情報提供を依頼する時に、ただ漠然と‘診療所に適する物件’という依頼をしても、その業者が医院開業に精通しているとは限らないので、業者のすすめる‘医院最適’を鵜呑みにしないほうが賢明かもしれません。いろいろと見学に引きずりまわされて、貴重な時間を失うことになります。
希望の物件を短期間で確実に探すには、あらかじめ坪あたりの価帯や総予算、必要な面積、地形、周辺の特性、接面道路状況など具体的にイメージする必要があります。
具体的に物件が絞り込めたら、周辺地域の年齢構成、所得水準、産業、交通機関、自家用車保有割合、主な福祉施設・病院・介護業者など地域の特性を調べます。
なかでも人の流れは重要な要素で、例えば大規模な住宅地と駅のラインは通勤、通学、買い物中の患者さんを集めやすくなります。しかし、この場合でも交通量の多い道幅の広い道路沿いでは立ち寄る意識が薄くなるので患者さんが集まりにくくなる場合もあります。
また、どんなに条件がよく将来性が見込めても、競合医院の多い地域は経営の安定が難しくなります。他の場所を探すかコンセプトや専門性で差別化を図って挑むしかありません。
ただ現状では競合のいない地域を探すこと自体が困難な状況でもありますので、コンセプトや専門性で差別化を図っていかざるを得ないのかもしれません。
当社では、開業計画のご相談はもちろん、不動産物件のご紹介も致します。ぜひご相談ください。

文責:松田康成