(弁護士の登録)第8条 弁護士となるには、日本弁護士連合会に備えた弁護士名簿に登録されなければならない。(登録の請求)第9条 弁護士となるには、入会しようとする弁護士会を経て、日本弁護士連合会に登録の請求をしなければならない。(登録換の請求)第10条 弁護士は、所属弁護士会を変更するには、新たに入会しようとする弁護士会を経て、日本弁護士連合会に登録換の請求をしなければならない。2 弁護士は、登録換の請求をする場合には、所属弁護士会にその旨を届け出なければならない。(登録取消の請求)第11条 弁護士がその業務をやめようとするときは、所属弁護士会を経て、日本弁護士連合合に登録取消の請求をしなければならない。(登録又は登録換えの請求の進達の拒絶)第12条 弁護士会は、弁護士会の秩序若しくは信用を害するおそれがある者又は次に掲げる場合に該当し弁護士の職務を行わせることがその適正を欠くおそれがある者について、資格審査会の議決に基づき、全額又は登録換えの請求の進達を拒絶することができる。
1.心身に故障があるとき。
2.第7条第3号に当たる者が、除名、業務禁止、登録の抹消又は免職の処分を受けた日から3年を経過して請求したとき。《改正》平15法1282 登録又は登録換えの請求前1年以内に当該弁護士会の地域内において常時勤務を要する公務員であつた者で、その地域内において弁護士の職務を行わせることが特にその適正を欠くおそれがあるものについてもまた前項と同様とする。《改正》平15法1283 弁護士会は、前2項の規定により請求の進達を拒絶する場合には、登録又は登録換えを請求した者に、速やかに、その旨及びその理由を書面により通知しなければならない。4 弁護士会が登録又は登録換えの請求の進達を求められた後3箇月を経てもなお日本弁護士連合会にその進達をしないときは、その登録又は登録換えの請求をした者は、その登録又は登録換えの請求の進達を拒絶されたものとみなし、行政不服審査法(昭和37年法律第160号)による審査請求をすることができる。 第12条の2 日本弁護士連合会は、前条の規定による登録又は登録換えの進達の拒絶についての行政不服審査法による審査請求(同条第4項の規定による審査請求を含む。)に対して裁決をする場合には、資格審査会の議決に基づかなければならない。2 日本弁護士連合会は、前項の審査請求に理由があると認めるときは、弁護士会に対し登録又は登録換えの請求の進達を命じなければならない。(弁護士会による登録取消しの請求)第13条 弁護士会は、弁護士が第12条第1項第1号、第2号及び第2項に掲げる事項について虚偽の申告をしていたときは又は心身の故障により弁護士の職務を行わせることがその適正を欠くおそれがあるとき、資格審査会の議決に基き、日本弁護士連合会に登録取消しの請求をすることができる。《改正》平11法1512 弁護士会は、前項の請求をした場合には、その弁護士に、速やかに、その旨及びその理由を書面により通知しなければならない。 第14条 前条の規定により登録取消の請求をされた者は、その通知を受けた日の翌日から起算して60日以内に日本弁護士連合会に異議を申し出ることができる。2 日本弁護士連合会は、前項の申出を受けた場合においては、資格審査会の議決に基き、その申出に理由があると認めるときは、弁護士会に登録取消の請求を差し戻し、その申出に理由がないと認めるときは、これを棄却しなければならない。3 日本弁護士連合会は、前項の処分をした場合には、異議の申出をした者に、速やかに、その旨及びその理由を書面により通知しなければならない。(登録及び登録換の拒絶)第15条 日本弁護士連合会は、弁護士会から登録及び登録換の請求の進達を受けた場合において、第12条第1項又は第2項に掲げる事由があつて登録又は登録換を拒絶することを相当と認めるときは、資格者査会の議決に基き、その登録又は登録換を拒絶することができる。2 日本弁護士連合会は、前項の規定により登録又は登録換えを拒絶する場合には、登録又は登録換えを請求した者及びこれを進達した弁護士会に、速やかに、その旨及びその理由を書面により通知しなければならない。(訴えの提起)第16条 第12条の規定による登録若しくは登録換えの請求の進達の拒絶についての審査請求を却下され若しくは棄却され、第14条第1項の規定による異議の申出を棄却され、又は前条の規定により登録若しくは登録換えを拒絶された者は、東京高等裁判所にその取消しの訴えを提起することができる。2 日本弁護士連合会が第12条の規定による登録若しくは登録換えの請求の進達の拒絶についての審査請求若しくは第14条第1項の規定による異議の申出を受けた後3箇月を経てもなお裁決若しくは第14条第2項の処分をせず、又は登録若しくは登録換えの請求の進達を受けた後3箇月を経てもなお弁護士名簿に登録若しくは登録換えをしないときは、審査請求若しくは異議の申出をし、又は登録若しくは登録換えの請求をした者は、その審査請求若しくは異議の申出を棄却され、又は登録若しくは登録換えを拒絶されたものとみなし、前項の訴えを提起することができる。3 登録又は登録換えの請求の進達の拒絶に関しては、これについての日本弁護士連合会の裁決に対してのみ、取消しの訴えを提起することができる。(登録取消しの事由)第17条 日本弁護士連合会は、次に掲げる場合においては、弁護士名簿の登録を取り消さなければならない。
1.弁護士が第7条第1号又は第3号から第5号までのいずれかに該当するに至つたとき。
2.弁護士が第11条の規定により登録取消しの請求をしたとき。
3.弁護士について退会命令、除名又は第13条の規定による登録取消しが確定したとき。
4.弁護士が死亡したとき。《改正》平15法128(登録消の事由の報告)第18条 弁護士会は、所属の弁護士に弁護士名簿の登録取消の事由があると認めるときは、日本弁護士連合会に、すみやかに、その旨を報告しなければならない。(登録等の通知及び公告)第19条 弁護士名簿の登録、登録換及び登録取消は、すみやかに、日本弁護士連合会から当該弁護士の所属弁護士会に通知し、且つ、官報をもつて公告しなければならない。