事業計画書の作成方法について説明いたします。

まず、なぜ、事業計画書を作成するかを整理しておくと、
その作成方法や内容が理解しやすいと思います。

事業計画書作成の目的は、
金融機関が返済可能な事業かどうかを判定するために必要な書類です。

事業計画書では、現在の事業内容をもとに将来の事業成果を予測し、
融資を受けた資金をきちんと返済できることを説明します。
それを時系列に具体的な金額・販売数・人員等の数値をもとに説明しなければなりません。

創業者でもすでに事業を始めている方にも共通して言えることですが
資金調達をする場合は、貸し手側の日本政策金融公庫や信用保証協会も、
借りる側のことはわかっていません。
これは当然のことで、この前提でいかに借り手側の現状と将来の予測を正確に伝え、
理解していただけるかを考えながら事業計画書は作成してください。

特に創業者には実績がありません。
実績がないことを前提に、将来を予測し金融機関を説得しなければならないので、
事業計画書や創業計画書は特に重要です。
単に空欄を埋めればいいとは絶対に思わないでください。
じっくり今進めようとする事業を考えてみてください。
じっくり考えた創業者のその事業への思いは、
必ず金融機関に伝わります。
金融機関に貸したい人柄、貸したいビジネスモデルと思っていただき、
金融機関の担当者を味方につける気持ちが大切です。

金融の知識や経験がなく、また、このような書類の作成をしたことがない方が、
いきなり、金融機関が納得する事業計画書を作成することは難しいと思います。
しかし、大丈夫。
金融機関が何を求めているか、つまり、審査基準を知ることによりカバーできます。
うまく、きれいに書くことよりも、
金融機関から何を求められているかを貸す側の立場から考えるということです。

具体的な事業計画書の作成方法のポイントは個別に説明したいと思っています。
今から事業を進めるうえでは何事にも言えることですが、
現状の把握が大切です。
自分に対してもそうですが、相手を知ることが成功の秘訣ではないでしょうか?
これは事業計画書の作成でも創業計画書の作成でも言えることだと思います。


文責:城 行永