社会保険制度の一環として
「出産育児一時金」というものがあります。

これは、健康保険に加入している人が
赤ちゃんを出産すると一人につき35万円が支給される制度ですが、
昨年の10月から今年度までの暫定的な措置として
その額が42万円に増額されています。

これについて、厚生労働省が来年度以降も
そのまま42万円を維持すべきとして調整中だそうです。

実際の出産には平均47万円がかかっているそうですから
このまま維持されるといいですね。

赤ちゃんを産むと他にも「出産手当金」等が
健康保険から支給されます。