融資の形態にはいくつものパターンがあるかと思いますが、
創業に際しては大きく3つの融資パターンを覚えておいてください。

「日本政策金融公庫融資」
旧国民金融公庫で、国の機関である日本政策金融公庫が
主に事業性資金の融資を行います。
公庫自体が融資をします。

「金融機関融資」
一般にプロパー融資とも言います。
金融機関が自主的な判断により、融資を行います。
業歴・業績・担保の状況等より融資の可否を決定します。
創業時で不動産や確実な有価証券等がない場合は、
融資が厳しいのが現状です。


「制度融資」
中小企業が有利な条件で融資を受けられるようにするために、
都道府県が一定の資金を金融機関に預託し、
これを融資の原資の一部にすることにより、
政策的・経済的効果を目指すための融資です。
この制度は保証協会の保証を受けなければなりません。
なお、融資の窓口は各金融機関となり、
保証協会が直接融資することはありません。

一般的に創業に際しての融資では、
日本政策金融公庫か保証協会つきの創業融資を狙います。