医療法人は医療法に基づく特別な法人で、財団又は社団の形態で設立されています。
このうち、社団法人には、出資持分の定めのある医療法人と出資持分の定めのない医療法人とがあります。
出資持分の定めのある医療法人は、定款に、退社して社員資格を喪失した場合には出資額に応じて払い戻しを請求できる、法人が解散する場合の残余財産は払込済出資額に応じて分配する、と定められていて、設立時に出資した社員には、その出資持ち分に応じた権利が認められています。


お問い合わせ



このページのトップへ