住民税は一般的に住民登録されている住所地の市町村で
課税されます。

しかし、本来は「生活の本拠地」なので、
他の市町村(ここではA市としましょう)に住民登録を残したまま、別の市町村(B市とします)で日々の生活を営まれている
場合には、実際に生活しているB市に住所があるものとして
課税されます。

また、A市にはB市から「B市で課税します。」という連絡が
行くそうです。(B市の義務です。)
一応、2重課税にはならないようになっているようですね。。。


会社設立のアイリス税理士法人
東京都のアイリス税理士法人
相続税のアイリス税理士法人