平成21年10月から「公的年金等の個人住民税特別徴収」が
始まりました。

これは65歳以上の方で老齢基礎年金等をもらっている
一定の方が、もらっている年金等から「個人住民税」の
年金部分に対する「個人住民税」が差引かれる
という制度なんです。

だから、貸しアパートの収入と年金をもらっているという
65歳以上の方は、
年金部分はもらっている年金から引かれ、
貸しアパート部分に係る個人住民税は納付書が届き、
自分で納付していく(口座振替もありますが・・・)
ことになります。

この制度が始まってから、お客さんからも身近なお年寄りからも
「なんで????」と聞かれます。
そりゃ、年金から引かれるわ、納付書も届くわ、となんとなく
2重にとられている感覚になりますよね?


会社設立東京のアイリス税理士法人
東京都のアイリス税理士法人
相続税のアイリス税理士法人